マイナンバー制度とは
  複数の機関に存在する個人の情報を同一人の情報であるということの確認を行うための基盤であり、社会保障・税制度の効率性・透明性を高め、国民にとって利便性の高い公平・公正な社会を実現するための社会基盤(インフラ)です。
     
マイナンバー制度の対応
 

マイナンバー制度の導入により、当組合は被保険者皆様のマイナンバーを取得し情報提供ネットワークシステムを通じて医療保険分野等で情報連携し、将来は添付書類の省略ができるようになります。
事業主組合員は、従業員組合員及びそのご家族のこれまでの各種手続きと同様にマイナンバー(個人番号)についても取次者としてご協力をいただきます。

     
マイナンバー制度等の詳細については、下記をご覧ください。
 

マイナンバー制度が始まります!入門編(内閣府)

社会保障・税番号制度の導入に向けて~事業主の皆様へ~(厚生労働省)

内閣官房マイナンバー制度

厚生労働省マイナンバー制度(社会保障分野)

個人情報保護委員会

 
     
 
個人情報保護方針 (平成28年11月1日策定)

愛知県薬剤師国民健康保険組合(以下「組合」という。)は、被保険者に対する保険給付等を提供するため、資格確認に係る住民票等の個人情報、保険診療に係る診療報酬明細書及び調剤報酬明細書等の個人情報を取り扱うことから、個人情報の性格と重要性を十分認識し、特に適正な取扱いの厳格な実施を確保する必要があります。そのため、関係法令及び個人情報保護に関するガイドラインを踏まえ、以下の個人情報保護方針を制定し、個人の人格尊重の理念の下に個人情報を取り扱い本個人情報保護方針を厳正に遵守いたします。

     
個人情報の収集・利用及び提供について
  (1) 収集の原則
    個人情報の収集は、目的を明確にし、事前に本人の同意を確認できる適切な方法で行います。
  (2) 利用・提供の原則
    個人情報の利用、提供は、法令の定めに基づき事前に明確にした目的の範囲内でのみ行います。個人情報の中、特定個人情報については、法令の定める業務範囲の手続及び情報の範囲内で取り扱います。
     
開示、訂正請求等への対応
  組合は、個人情報について本人からの開示の要求があった場合は、合理的な期間、妥当な範囲内で対応いたします。また、個人情報の内容が事実でないという理由によって、本人からの訂正などの要求があった場合は、合理的な期間、必要な範囲内で対応いたします。
     
     
個人情報の適正管理について
  組合は、収集した個人情報について、適切な安全対策を実施し、不正アクセス、改ざん、破壊、漏洩、紛失などを防止するために合理的な措置を講じます。
     
法令及びその他の規範の遵守について
 

組合は、個人情報保護管理責任者を設置し、個人情報及び特定個人情報に関して適用される
日本の法令、国が定める指針その他の規範を遵守します。

     
個人情報に関する問い合わせ
  愛知県薬剤師国民健康保険組合  電話 052(238)6650
     
個人情報保護・管理の継続的改善
 

組合は、監査責任者を設置して、定期的に監査を実施し、個人情報の保護・管理の見直し、 改善に努めます。

個人情報の保護に関する規程

通常業務で取扱う主な個人情報の利用目的

 
     
 
特定個人情報の保護評価については、関係省庁指導のもと個人情報保護委員会のマイナンバー保護評価のウエブサイトに下記を公表しています。
特定個人情報保護評価書(基礎項目評価書)